Woodlands「ウッドランド」

春の日に、松などの木々の間を散歩している風景を彷彿させます。 芽生えたばかりのハーブの香りをセージと タイムで表現してします。

ブランドセント・フレグランスエピソード

松について

マツ属の天然分布は赤道直下のインドネシアから、北はロシアやカナダの北極圏に至り、ほぼ北半球に限られるといってよい。これは針葉樹としては最も広い範囲に当たる。温度の適性が広いことが一因としてあげられており、亜熱帯や熱帯に分布する種でも摂氏-10度程度の低温・組織の凍結には堪えて生存するという[1]。現在では植栽の結果南半球でも見られ、オーストラリアやニュージーランド、アフリカ諸国で大規模に植栽されているラジアータマツ (P. radiata) が特に有名。 化石の研究によれば、マツ属は比較的古い時代に登場したとされ、現生種の多様性は進化してきた年月の長さによるものとされている。

松・エピソード

マツ(松)の由来は、「待つ」や「保つ」が転じて出来たものであるなど諸説ある。マツは英語ではpineと呼ばれ、ラテン語のpinus(この属の名前としても使われている)に由来する。ラテン語のpinusの由来はタール状のものを指すと言う 和名ではマツ属で無い樹木にも「マツ(松)」の名が充てられることがあり、以下にその例を示す。いずれも針葉樹であるが、マツ属ではない。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

  1. Powder Room「パウダールーム 」

    ミュゲ、フレンチラベンダー、ベルガモット、クラリーセージをミックスされたベビーパウダーの甘い華やかな香り。

  2. Sensual Wood 「センシュアルウッド」

    官能的かつ肉体的という名称を持つ、印象的な香りを持つ。ダークウッド、パチュリ、ダークココア、レッドセダーの香りでアレンジ。

  3. Oudh Aura 「オードゥオーラ」

    エキゾチックでミステリアスな香り。樹木抽出物、ベルガモット、ブルガリアローズ、パチュリ、モスサンダルウッドで、新鮮さとは官能的な感じを出しています。

  4. Patchouli「パチュリ」

    サンダルウッドとバニラで高級感を出しているパチュリの香り。 「和」のタイプの香りで、伽羅のお香を彷彿させます。

  5. Refreshing Lavender 「リフレッシング ラベンダー 」

    ミュゲ、フレンチラベンダー、ベルガモット、クラリーセージをミックスされたベビーパウダーの甘い華やかな香り。

  6. Boutique Noir 「ブティックノワール」

    Boutique Noir (仏) = ブティック、黒 の意。 重厚でエッジの効いた上品な香り。洗練で暖か味もあります。

ページ上部へ戻る