Soothing Vanilla 「スージング バニラ」

高級感のあるスウィートなバニラの香り。 アイスクリーム・ショートケーキ・スイーツ類を販売する店舗など、ファンシーなコンセプトにぴったりの香りです。

ブランドセント・フレグランスエピソード

ケーキについて

日本語で単にケーキというと、一般には、スポンジケーキにクリームを塗り果物を載せたものを指すが、広義では、チーズケーキやホットケーキなどクリームも果物も載せないものや、クッキーを砕いた土台の上にクリームチーズの生地を敷き、冷やして固めたレアチーズケーキなど、様々な種類を指すこともある。多くのケーキは何らかの穀物の粉末(多くは小麦粉)、結着剤(多くは鶏卵や小麦粉に含まれるグルテン)、油脂(植物油、バター、ラード、シュマルツなど)、水分(水、牛乳、バターミルク、果物のピュレーなど)、膨張剤(酵母、重曹、ベーキングパウダーなど)を配合して作られる。また、欧米では焼き菓子のことを広く「ケーキ類」を示す語で指す。

ケーキ・エピソード

最古のケーキはスイスの新石器時代の村落後から見つかっている。ただし、古代世界におけるケーキとは、穀物などを練ってパテ状にした平らで固いものを指す。このようなケーキは古代ギリシア、古代ローマ時代にもさかんに作られ、特に宗教儀式に用いられた。例えば、古代ローマのマルクス・ポルキウス・カト・ケンソリウス(大カトー)は著書の「農業論」の中で様々なケーキを列挙している。 現代のケーキのルーツはいくつかあり、その一つはパンである。長い歴史の中でケーキとパンの概念の差は非常に曖昧であるが、「ぜいたくな平らなパン」をケーキと称していたようである。1398年に書籍翻訳家のトレヴィサのジョンがケーキの最大の特徴として、焼いている最中にひっくり返して両面を平たくすることであると記述している。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

  1. Leather Smooth 「レザースムース」

    スペインやイタリアの革製品は、ヨーロッパの中でも最高級とされ、洋服や装飾品やアクセサリーに重用されます。インド産ミモザの天然香料を加えることにより、より、革のしなやかなデリケートな風合いが強調されます。

  2. Arouse 「アロウズ」

    ローズとサンダルウッドオイルが配合されたセクシーでロマンティックな香り。スパイシーノートのカルダモンとサフランを加え、り魅惑的にしています。(Rose oil, Sandalwood oil, Cardamom oil 配合) 

  3. African Amber「アフリカンアンバー」

    ウッディーアンバーの香り。爽やかなベルガモットとマンダリンに、サンダルウッド、ローズ、バニラ、ムスクを加えボリュームを出し、魅惑的で高級感のある香りです。

  4. Cherry Blossom 「チェリーブロッサム」

    爽やかで、活き活きとした桜の花をイメージした香り。 ピーチ、アップル、アプリコットのトーンで、エキゾチックで活き活きとした桜の花の香りにしています。

ページ上部へ戻る