Rose and Peony 「 ローズアンドペオニー」

ほのかなローズブーケと芍薬の洗練された香り。グリーンアップルとムスクのタッチで、フェミニンでロマンティックな庭園をイメージしています。

ブランドセント・フレグランスエピソード

ブーケについて

ブーケ(ブケ/アメリカではボケ)(フランス語:bouquet 発音例)は、「生花や造花の花束」「種々の花の匂いを混合した香水」「ワインの芳香」を意味する。 日本でブーケが広まったのは第二次世界大戦後であり、結婚式の洋式化に伴い用いるようになった。日本では習慣的に、花瓶に差すまでの一時の包装手段を花束、結婚式で花嫁が持つ花束ウェディングブーケをブーケと言うことが多い。

ウェデイングブーケ・エピソード

結婚式で花嫁が持つ花束であり、ウェディングドレスを汚さない生花で構成する。 ある時代に、男性が女性に花束を渡してプロポーズを行い、女性は結婚を受諾する返事として、その花束から1輪抜いて男性の服に挿した動作が、後に結婚式で使用するブーケとブートニア/ブートニエールとして定着した、と言われている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

  1. Green Tea「グリーンティー」

    ジャスミン、ミュゲとローズでくりだすティーアロマの香り。フレッシュなレモン、オレンジとカシスで明るみを与えています。

  2. Lemongrass Ginger 「レモングラスジンジャー」

    フレッシュ感をもたらすジンジャーとマンダリンを基調とし、レモングラスとバーベナでバランスを整えました。 アクセントとしてスパイスを加え、明るい感じに仕上げています。

  3. Jasmine「ジャスミン」

    夜に花を咲かせるジャスミンの魅惑的な香り。つたの葉のグリーンノートとホワイトムスクを加えることで雰囲気を醸し出しています。

  4. White Tea Fusion 「 ホワイトティーフュージョン」

    ホワイトティーの香り。フリージア、野生のバラ、シャクヤクなどのフレッシュなフローラルノートは、今までのホワイトティーとは一線を隔します。タイムは香りがその個性を際立たせます。

  5. Floral Bouquet 「フローラルブーケ」

    グリーンノートにジンジャーをアクセントとして加えた、フローラルブーケの香り。ローズにユリなどの様々な花の香りを加え、華やかなイメージにしています。

  6. Rain Shower「レインシャワー」

    ”春一番”で爽やかな空気を運んでくるのをイメージした香り。 刈ったばかりの芝生とウォーターリリーに、はじけるベルガモットとやわらかなチークウッドを加えた香りです。

ページ上部へ戻る