Rain Shower「レインシャワー」

”春一番”で爽やかな空気を運んでくるのをイメージした香り。 刈ったばかりの芝生とウォーターリリーに、はじけるベルガモットとやわらかなチークウッドを加えた香りです。

ブランドセント・フレグランスエピソード

春一番について

春一番の発生条件及び認定基準は、地域・気象台により、多少異なる。おおむね、立春から春分までの間に、日本海を進む低気圧に向かって、南側の高気圧から10分間平均で風速8m/s以上の風が吹き込み、前日に比べて気温が上昇することを発生条件とする。ただし、「日本海を進む低気圧に向かって」という条件は比較的幅広く解釈されることもある。たとえば、2006年(平成18年)3月6日には、北海道の北に低気圧があったものの、この低気圧に向かって吹いた南寄りの強風が春一番と認定された。また、春一番は必ずしも毎年発生する訳ではなく、風が春分の日までに気象台の認定基準にあてはまらず「春一番の観測なし」とされる年もある。なお、春一番が観測されたとき以降、同じ年に同様の南風が複数回発生した場合には、俗に「春二番」「春三番」と呼ぶことがある。 2013年2月2日には、南方の暖かい風が吹き込み全国的に気温が上昇したが、立春の前であったために、定義上、気象庁はこの風を「春一番」と認めなかった

春一番・エピソード

気象庁は「春一番」の語源について、石川県能登地方や三重県志摩地方以西で昔から用いられたという例を挙げ、諸説があるとしつつ、安政6年(1859年)2月13日、長崎県壱岐郡郷ノ浦町(現・壱岐市)の漁師が出漁中、おりからの強風によって船が転覆し53人の犠牲者を出した事故があった。漁師らがこの強い南風を「春一」または「春一番」と呼ぶようになったと紹介している。一方、長崎県では、この事件以前から郷ノ浦町で「春一」と呼ばれていたものが、事件をきっかけに広く知られるようになったとしている。この故事により、1987年(昭和62年)に郷ノ浦港近くの元居公園内に「春一番の塔」が建てられている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

  1. Fresh Clean「フレッシュクリーン」

    スウィートオレンジとハニーサックルをアクセントとした、新鮮な空気のイメージの香り。シンプルなこの香りは、明るさ、リフレッシュ、清潔感、わくわくした雰囲気をもたらします。

  2. Green Tea「グリーンティー」

    ジャスミン、ミュゲとローズでくりだすティーアロマの香り。フレッシュなレモン、オレンジとカシスで明るみを与えています。

  3. Casa Blanca 「カサブランカ」

    アジアの熱帯地域原産のジンジャーリリーに、しっとりとした朝露の香りと、ホワイト・チャンパカ、レリア・オーキッドの香りのニュアンスを加え、より一層魅力的な香りになっています。

  4. Lemongrass Ginger 「レモングラスジンジャー」

    フレッシュ感をもたらすジンジャーとマンダリンを基調とし、レモングラスとバーベナでバランスを整えました。 アクセントとしてスパイスを加え、明るい感じに仕上げています。

  5. Lime Blossom 「ライムブロッサム」

    レモン、ライム、アップルを効かせたジャスミンをローズのフローラルの香り。スミレとクローブでクラシックフローラルの香りに深みを与えています。

  6. Elegant Soap「エレガントソープ」

    ガーデンローズ、あじさい、ヒアシンス、ジャスミンなどのフローラルブーケに ムスクとピンクグレープフルーツを加えた爽やかなせっけん調の香りです。

ページ上部へ戻る