Peppermint Latte「ペパーミント ラテ」

ほっとする紅茶の香り。 クール感のあるペパーミントと、きめ細かい泡のバニラクリームをイメージしています。

ブランドセント・フレグランスエピソード

カフェ・ラテについて

カフェ・ラッテ(Caffè Latte)は、コーヒーと牛乳、特にエスプレッソと牛乳を混ぜたイタリア発祥の飲み物である。アメリカでは、エスプレッソとスチームミルクを用いるのが一般。スターバックス等のアメリカ式のコーヒー店で供されるものは後者で、日本では英語式の発音に基づきカフェ・ラテ又はカフェラテと表記されることが多い。

カフェ・ラテ・エピソード

カフェ・ラッテ(Caffè Latte)という語は、元来は、「コーヒー・牛乳」という意味のイタリア語である。より発音に忠実に転写すれば「カッフェ・ラッテ」となる。イタリア語では、カッフェッラッテ(Caffellatte)と続けたり、カッフェ・エ・ラッテ(Caffè e Latte:「コーヒーと牛乳」)とも言う。イタリア・ヴェネツィアにある喫茶店カッフェ・フローリアンが発祥の地。また、同じ「コーヒー+牛乳」でも、イタリアでは、バーではカフェ・マッキャート(caffè macchiato)と呼ぶエスプレッソに牛乳をたらしたもののほうが比較的一般的。カフェ・ラッテはどちらかと言うと外で飲むというより家庭で作るほうが多いらしい。ちなみにカフェ・マッキャートの語源は、エスプレッソにたらした牛乳がしみ(イタリア語でmacchiato)のようだから。 たっぷりのミルクに、少しだけコーヒーを注いだものはラッテ・マッキャートと呼ばれる。ミルクたっぷりの温かいコーヒー牛乳といった感じだが、バーではコーヒーカップではなく、グラスに注がれることが多い。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

  1. Cappuccino 「カプチーノ」

    泡立ったミルクと、ブラウンシュガーとチョコレートの入ったコーヒーの香り。温かなカプチーノの香りの包まれた空間で、ゆっくりとおくつろぎください。

  2. Iced Pina Colada「アイスドピニャコラーダ」

    ジューシーパイナップルと、クリーミーココナッツのコンビネーションの香り。スウィートピーチ、パパイヤ、パッションフルーツピューレの香りを加え、モダンに仕上げました。

  3. Vanilla Delicious 「バニラデリシャス」

    マダガスカル産のバーボン・バニラは、その香りの良さで、バニラの中でも、最も人気があるバニラ。 リッチでコクのあるクリーミーな香りに、甘さとバターの香りがマッチング。 思わず食べてしまいたくなる香りです!

  4. Sweet Cinnamon「スイートシナモン」

    クリーミーでスイートなシナモンの香り。 ナツメグ、シナモン、バニラ、トンカビーンでバランスを作り上げています。

  5. Creamy Caramel Apple「クリーミーキャラメルアップル 」

    食べ頃の新鮮なグリーンアップルと濃厚でクリーミーなキャラメルの香り。リフレッシュできる快適な空間を演出。秋にぴったり。

  6. Chocolate Chip Cookie 「チョコレートチップクッキー」

    焼きたてのチョコレートチップクッキーの香り。バターたっぷりのカリカリに焼けたクッキーに、セミスウィートチョコレートチップの香りが絶妙に絡み、思わずよだれが出そうになります。

ページ上部へ戻る