Lemongrass Ginger 「レモングラスジンジャー」

フレッシュ感をもたらすジンジャーとマンダリンを基調とし、レモングラスとバーベナでバランスを整えました。 アクセントとしてスパイスを加え、明るい感じに仕上げています。

ブランドセント・フレグランスエピソード

ショウガについて

ショウガは熱帯アジアが原産で、インドでは紀元前300-500年前にはすでに保存食や医薬品として使われ、中国でも紀元前500年には栽培されている。ヨーロッパには紀元1世紀ごろには伝わっていたとされる。しかしヨーロッパは気候が栽培に向かず主にアジアからの輸入に頼っていた。日本には2-3世紀ごろに中国より伝わり奈良時代には栽培が始まっていた。『古事記』に記載があるように早くから用いられている。古くはサンショウと同じく「はじかみ」と呼ばれ、区別のために「ふさはじかみ」「くれのはじかみ」とも呼ばれた。 また、大陸からミョウガとともに持ち込まれた際、香りの強いほうを「兄香(せのか)」、弱いほうを「妹香(めのか)」と呼んだことから、これがのちにショウガ・ミョウガに転訛したとする説がある。

ショウガ・エピソード

ショウガの根茎は生薬として生姜(しょうきょう)と呼ばれ、中国では紀元前500年頃から薬用として利用されている。発散作用、健胃作用、鎮吐作用があるとされる。発散作用は主に発汗により寒気を伴う風邪の初期症状の治療に使われ、健胃止嘔作用は胃腸の冷えなどによる胃腸機能低下防止などに使われることが多い。辛温(辛味により体を温める)の性質を持つため、中医学で言われる熱証(熱を持ちやすい体質)には用いない。大棗との組み合わせで他の生薬の副作用をやわらげる働きがあるとされ、多数の方剤に配合されている。表面の皮を取り去り、蒸して乾燥させたものは乾姜(かんきょう)と呼ばれる。興奮作用、強壮作用、健胃作用があるとされる。生姜よりも熱性が強い辛熱の性質があるとされるので胃腸の冷えによる機能障害では乾姜を使う場合が多い。 日本薬局方においては、単に乾燥させた根茎を生姜(しょうきょう)、蒸してから乾燥させたものを乾姜と区別している。なお、乾生姜(かんしょうきょう)とは、新鮮な生姜(鮮姜、せんきょう)に対して区別する言葉として使用されており、日本薬局方の「生姜」と同じものである。 また、生姜を加えた葛湯は、体を温めて、免疫力を高めるため、風邪の民間療法によく用いられる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

  1. Casa Blanca 「カサブランカ」

    アジアの熱帯地域原産のジンジャーリリーに、しっとりとした朝露の香りと、ホワイト・チャンパカ、レリア・オーキッドの香りのニュアンスを加え、より一層魅力的な香りになっています。

  2. Rose and Peony 「 ローズアンドペオニー」

    ほのかなローズブーケと芍薬の洗練された香り。グリーンアップルとムスクのタッチで、フェミニンでロマンティックな庭園をイメージしています。

  3. Lotus Flower「ロータスフラワー」

    爽やかでクリーンな蓮の花、デリケートな鈴蘭と、かすかな杉と苔の香りを加えたグリーンアイビーのブレンド。

  4. Fresh Clean「フレッシュクリーン」

    スウィートオレンジとハニーサックルをアクセントとした、新鮮な空気のイメージの香り。シンプルなこの香りは、明るさ、リフレッシュ、清潔感、わくわくした雰囲気をもたらします。

  5. White Tea Fusion 「 ホワイトティーフュージョン」

    ホワイトティーの香り。フリージア、野生のバラ、シャクヤクなどのフレッシュなフローラルノートは、今までのホワイトティーとは一線を隔します。タイムは香りがその個性を際立たせます。

  6. Floral Bouquet 「フローラルブーケ」

    グリーンノートにジンジャーをアクセントとして加えた、フローラルブーケの香り。ローズにユリなどの様々な花の香りを加え、華やかなイメージにしています。

ページ上部へ戻る