Green Tea「グリーンティー」

ジャスミン、ミュゲとローズでくりだすティーアロマの香り。フレッシュなレモン、オレンジとカシスで明るみを与えています。

ブランドセント・フレグランスエピソード

日本茶について

日本茶(にほんちゃ)とは、日常の会話で用いられる用語で、「日本のお茶」、つまり、「日本で作られたお茶」あるいは「日本でよく飲まれる種類のお茶」と言った意味合いの言葉である。茶の生物学的な分類として定義された言葉ではない。

日本茶・エピソード

「煎茶」という言葉はしばしば狭義と広義の二つの意味で使われる。狭義の「煎茶」とは、玉露(高級品)、番茶(低級品)の中間に位置づけられる、中級品の緑茶という意味(詳細は玉露、煎茶、番茶を参照)。広義の「煎茶」とは、中世までに確立した茶道における抹茶(挽茶)に対して、近世以降中国大陸から伝わった茶葉を挽かずに用いるお茶一般に与えられる総称である。 緑茶は学術的には不発酵茶とほぼ同義であるが、日本で一般に緑茶といった場合、単に日本で最も多く作られている緑茶、すなわち煎茶(広義)を意味する。つまり煎茶(狭義)のほかに、玉露、番茶、ほうじ茶、玄米茶など全般を指す。さらに広義には、抹茶を含める場合もある。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

  1. White Tea Fusion 「 ホワイトティーフュージョン」

    ホワイトティーの香り。フリージア、野生のバラ、シャクヤクなどのフレッシュなフローラルノートは、今までのホワイトティーとは一線を隔します。タイムは香りがその個性を際立たせます。

  2. Lotus Flower「ロータスフラワー」

    爽やかでクリーンな蓮の花、デリケートな鈴蘭と、かすかな杉と苔の香りを加えたグリーンアイビーのブレンド。

  3. Jasmine「ジャスミン」

    夜に花を咲かせるジャスミンの魅惑的な香り。つたの葉のグリーンノートとホワイトムスクを加えることで雰囲気を醸し出しています。

  4. Casa Blanca 「カサブランカ」

    アジアの熱帯地域原産のジンジャーリリーに、しっとりとした朝露の香りと、ホワイト・チャンパカ、レリア・オーキッドの香りのニュアンスを加え、より一層魅力的な香りになっています。

  5. Lime Blossom 「ライムブロッサム」

    レモン、ライム、アップルを効かせたジャスミンをローズのフローラルの香り。スミレとクローブでクラシックフローラルの香りに深みを与えています。

  6. Lemongrass Ginger 「レモングラスジンジャー」

    フレッシュ感をもたらすジンジャーとマンダリンを基調とし、レモングラスとバーベナでバランスを整えました。 アクセントとしてスパイスを加え、明るい感じに仕上げています。

ページ上部へ戻る