Floral Bouquet 「フローラルブーケ」

グリーンノートにジンジャーをアクセントとして加えた、フローラルブーケの香り。ローズにユリなどの様々な花の香りを加え、華やかなイメージにしています。

ブランドセント・フレグランスエピソード

フレグランスについて

近代以降、楽しみやたしなみとしての香水が生まれた。香料をアルコールなどの溶剤に溶かして作られるものが多いが、他にもワックスに練り込まれた固形状の物などもある。現在では数多くのブランドが生まれている。 装飾品同様、定番のブランドがある一方で、新商品、季節限定商品が市場で注目されることも多い。女優などが自分の名前を冠した商品やブランドを立ち上げることもある。

香水の付け方

香りは時間がたつにつれて変化する。香水をつけて10分くらいの香りをトップ・ノート、少し時間が経って20分から30分ぐらいの香りをミドル・ノート、大分時間が経って消えてしまうまでの香りをラスト・ノートという。変化のしかたや早さは、濃度や商品によってさまざまである。 揮発性を利用することから、一般的には体温の高い脈打つ場所につける。特にひじの内側につけると皮膚温が高く、動作のある為、効率よく揮発する。同じ静脈でも手首は衣服や物に触れる事が多く、案外消えが早くなる。また香りの変化や持ち・目的に合わせてつける場所も変える。しかし香水の成分には光毒性(光感作)のあるものも多く、シミの原因にもなるので直射日光の当たる場所につけるのは勧められない。特に鼻と両肩を結ぶトライアングルを形作る部分はタブー。香りは体の位置の低い部分から高い部分へ立ちのぼるのでつける部位と分量は十分な配慮が必要である。自分でも香りが分かるようではつけ過ぎのことが多い。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

  1. Green Tea「グリーンティー」

    ジャスミン、ミュゲとローズでくりだすティーアロマの香り。フレッシュなレモン、オレンジとカシスで明るみを与えています。

  2. Rain Shower「レインシャワー」

    ”春一番”で爽やかな空気を運んでくるのをイメージした香り。 刈ったばかりの芝生とウォーターリリーに、はじけるベルガモットとやわらかなチークウッドを加えた香りです。

  3. White Tea Fusion 「 ホワイトティーフュージョン」

    ホワイトティーの香り。フリージア、野生のバラ、シャクヤクなどのフレッシュなフローラルノートは、今までのホワイトティーとは一線を隔します。タイムは香りがその個性を際立たせます。

  4. Jasmine「ジャスミン」

    夜に花を咲かせるジャスミンの魅惑的な香り。つたの葉のグリーンノートとホワイトムスクを加えることで雰囲気を醸し出しています。

  5. Rose and Peony 「 ローズアンドペオニー」

    ほのかなローズブーケと芍薬の洗練された香り。グリーンアップルとムスクのタッチで、フェミニンでロマンティックな庭園をイメージしています。

  6. Lemongrass Ginger 「レモングラスジンジャー」

    フレッシュ感をもたらすジンジャーとマンダリンを基調とし、レモングラスとバーベナでバランスを整えました。 アクセントとしてスパイスを加え、明るい感じに仕上げています。

ページ上部へ戻る