Enchanted Apple「アンシャンテッドアップル」

ムスクをアクセントとした、フレッシュグリーンアップルの香り。若々しく、気持ちを抑揚させる香りです。

ブランドセント・フレグランスエピソード

アップルについて

日本では漢字で主に「林檎」と書くが、この語は本来、同属別種の野生種ワリンゴの漢名である。また、「檎」を「ご」と読むのは慣用音で、本来の読みは「きん」(漢音)である。 リンゴ(セイヨウリンゴ)の漢名は「苹果」である。「りんご」とも読むが当て字で、本来の読みは「へいか」である。 英語の“apple”などは、しばしばリンゴではなく果物全般を指すものとして使われてきた。パイナップルもその1つで、英語の“pineapple”は「松の果実」という意味であり、リンゴとは直接の関係がない。

アップル・エピソード

「ふじ」は、1962年に青森県藤崎町で誕生した日本で最も一般的に栽培される品種で、日本国外にもさかんに輸出され、名前も日本語発音同様「Fuji」の名で親しまれている。中国・韓国・北アメリカ・オーストラリアなどでの栽培も多く、世界的にも最も生産量の多い品種であることが2001年に米国人学者達による調査によって確認された。無袋で日光を十分に浴びさせて栽培したものは「サンふじ」の名で出荷される(「サンふじ」はJA全農長野の登録商標)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

  1. Juicy Peach「ジューシーピーチ」

    ジューシーなピーチの香り。ピンクグレープフルーツとホワイトティーのアクセントを加えることで、よりにジューシーな香りにしています。

  2. Fresh Water「フレッシュウォーター」

    アロエとさわやかなグリーンをブレンドしたクールマリン調の香り。鈴蘭のクリーンフローラルノートで、まろやかで心地よいフレグランスに仕上げています。

  3. Mojito「モヒート」

    ファショナブルなカクテルに因んだモヒートの香り。キーライムとグリーンミントの葉の清新な香りで、気持ちを抑揚、興奮させます。

  4. Optimism「オプティミズム」

    芍薬とロータスブラッサムのフローラルアコードを加えた収穫したてのレモングラスの香り。レモングラスはストレスを解消し、セージは気持ちを晴れやかにするといわれています。

  5. Pomegranate Fusion 「ポメグラネートフュージョン」

    輝かしいシトラスノートのレモン、ライム、マンダリンを加えた明るく熟したザクロの香り。ジンジャーノートのタッチで、魅惑感とピーリー感を与えています。

  6. Oleander and Sage「オリアンダーアンドセージ」

    フレッシュグレープを連想させるフレッシュなオリアンダーの香り。 オレンジフラワーとジャスミン様のフローラルトーンと、ムスクとホワイトウッドで柔らかみを与えています。

ページ上部へ戻る