Cotton Candy 「コットンキャンディー」

綿菓子をかじった時のふわっとして、暖かい甘い香り。子供のころを思い起こす、懐かしい香りです。

ブランドセント・フレグランスエピソード

キャンディについて

語源は、アラビア語の qand(砂糖)からきたという説、ラテン語の can(砂糖)とdi(型に流し入れて固める)からきたという説、インドの古い菓子 kandi(棒の先に砂糖の結晶のついたもの)からきたという説、ラテン語の結晶の意からきたという説など、いくつかの説がある。 candy はどちらかといえばアメリカ英語で、氷砂糖や、スニッカーズのようなチョコレート菓子も含む。たとえば、英語で candy bar とは、スニッカーズのようなスナックバーのことあり、棒状の飴ではない。 イギリスなど北米以外の英語圏では、sweets というのが一般的である。ただしイギリス英語での sweets はデザートを含む甘い食品全般という意味を持つ。

キャンディ・エピソード

煮詰めるときの温度により、高温で加熱して硬く仕上げるハードキャンディと、低温で加熱して柔らかく仕上げるソフトキャンディーの2つに大きく分けられる。 ハードキャンディにはドロップ、タフィ、バタースコッチなどが、ソフトキャンディにはキャラメル、ヌガー、マシュマロなどがある。棒付きのハードキャンディは、日本では「ペロペロキャンディ」と呼ばれ、英語ではロリポップ (lollipop) と呼ばれる。 また棒付きの氷菓子は、日本では「アイスキャンディ」と呼ばれ、英語ではアイスポップという。ブランド名であるポプシクル (popsicle) と呼ばれることもある。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

  1. Chocolate Chip Cookie 「チョコレートチップクッキー」

    焼きたてのチョコレートチップクッキーの香り。バターたっぷりのカリカリに焼けたクッキーに、セミスウィートチョコレートチップの香りが絶妙に絡み、思わずよだれが出そうになります。

  2. Iced Pina Colada「アイスドピニャコラーダ」

    ジューシーパイナップルと、クリーミーココナッツのコンビネーションの香り。スウィートピーチ、パパイヤ、パッションフルーツピューレの香りを加え、モダンに仕上げました。

  3. Cappuccino 「カプチーノ」

    泡立ったミルクと、ブラウンシュガーとチョコレートの入ったコーヒーの香り。温かなカプチーノの香りの包まれた空間で、ゆっくりとおくつろぎください。

  4. Vanilla Delicious 「バニラデリシャス」

    マダガスカル産のバーボン・バニラは、その香りの良さで、バニラの中でも、最も人気があるバニラ。 リッチでコクのあるクリーミーな香りに、甘さとバターの香りがマッチング。 思わず食べてしまいたくなる香りです!

  5. Creamy Caramel Apple「クリーミーキャラメルアップル 」

    食べ頃の新鮮なグリーンアップルと濃厚でクリーミーなキャラメルの香り。リフレッシュできる快適な空間を演出。秋にぴったり。

  6. Peppermint Latte「ペパーミント ラテ」

    ほっとする紅茶の香り。 クール感のあるペパーミントと、きめ細かい泡のバニラクリームをイメージしています。

ページ上部へ戻る