Christmas Tree 「クリスマスツリー」

シナモンアップルをアクセントとした、 クリスマスを思い起こさせる白マツと白樺の香りです。

ブランドセント・フレグランスエピソード

サンタクロースについて

サンタクロース (英: Santa Claus) は、クリスマスの前の夜に良い子のもとへプレゼントを持って訪れるとされている伝説の人物。 英語発音の片仮名表記は「サンタクローズ」が近い。イギリスだとファザークリスマス[1]といって、緑色の(近年は赤が主流)の服を着ている。 ヨーロッパでも風習は大きく異なる。イタリアではクリスマスが1月6日まで続き、5日に魔女が来て、良い子にお菓子を、悪い子に石炭をくれるという伝説がある。ロシアではマロースおじさんが孫娘のスニェグーラチカを連れて、プレゼントを配るという風習がある。オランダではクリスマスが1シーズンに2回あり、プレゼントがもらえるのは12月6日の「聖ニコラスの日」の前日と、25日のクリスマスである。

サンタクロース・エピソード

教父聖ニコラオス(ニコラウス)の伝説が起源である。「ニコラオス」の名はギリシア語表記。ラテン語ではニコラウス。イタリア語、スペイン語、フランス語ではサン・ニコラ。イタリア語ではニコラオとも。ロシア語ではニコライ。「ある日ニコラウスは、貧しさのあまり、三人の娘を嫁がせることの出来ない家の存在を知った。ニコラウスは真夜中にその家を訪れ、金貨を投げ入れる。このとき暖炉には靴下が下げられていたため、金貨は靴下の中に入っていたという。この金貨のおかげで娘の身売りを避けられた」という逸話が残されている。この逸話が由来となり、「夜中に家に入って、靴下の中にプレゼントを入れる」という。今日におけるサンタクロースの伝承が生まれている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

  1. Chocolate Chip Cookie 「チョコレートチップクッキー」

    焼きたてのチョコレートチップクッキーの香り。バターたっぷりのカリカリに焼けたクッキーに、セミスウィートチョコレートチップの香りが絶妙に絡み、思わずよだれが出そうになります。

  2. Cotton Candy 「コットンキャンディー」

    綿菓子をかじった時のふわっとして、暖かい甘い香り。子供のころを思い起こす、懐かしい香りです。

  3. Iced Pina Colada「アイスドピニャコラーダ」

    ジューシーパイナップルと、クリーミーココナッツのコンビネーションの香り。スウィートピーチ、パパイヤ、パッションフルーツピューレの香りを加え、モダンに仕上げました。

  4. Creamy Caramel Apple「クリーミーキャラメルアップル 」

    食べ頃の新鮮なグリーンアップルと濃厚でクリーミーなキャラメルの香り。リフレッシュできる快適な空間を演出。秋にぴったり。

  5. Cappuccino 「カプチーノ」

    泡立ったミルクと、ブラウンシュガーとチョコレートの入ったコーヒーの香り。温かなカプチーノの香りの包まれた空間で、ゆっくりとおくつろぎください。

  6. Peppermint Latte「ペパーミント ラテ」

    ほっとする紅茶の香り。 クール感のあるペパーミントと、きめ細かい泡のバニラクリームをイメージしています。

ページ上部へ戻る