Chocolate Chip Cookie 「チョコレートチップクッキー」

焼きたてのチョコレートチップクッキーの香り。バターたっぷりのカリカリに焼けたクッキーに、セミスウィートチョコレートチップの香りが絶妙に絡み、思わずよだれが出そうになります。

ブランドセント・フレグランスエピソード

クッキーについて

クッキー (cookie) は、小麦を主原料とした焼菓子である。クッキーは北米で使われる言葉で、それ以外の英語圏では一般的にビスケットと呼ばれる。クッキーとビスケットは国・地域や言語によって、混同されていたり異なるものであったりと定義はまちまちである。 小さなケーキを意味するオランダ語のkoekjeまたは(略式の)koekieから、北米にてオランダ語から英語に派生した。アメリカ英語から、ビスケットが一般的な語であるイギリス英語に広まった。

クッキー・エピソード

縄文時代の日本で栗の実を粉状にしたものを固めて焼き上げる『縄文クッキー』が存在し最も古いクッキーである。また記録される限り、旅行に非常によく適しているクッキーのような固いウエハースは存在したが、それらは通常、現在の標準でのクッキーとするには甘さが十分ではなかった。[1] クッキーの元祖は7世紀のペルシアで、砂糖の使用がその地域で比較的一般的になった直後に生まれた[2]。これがムスリムのスペイン征服でヨーロッパに広まった。14世紀までに、クッキーはヨーロッパ中のすべての社会層、宮廷料理から露天商まで一般的となった。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

  1. Creamy Caramel Apple「クリーミーキャラメルアップル 」

    食べ頃の新鮮なグリーンアップルと濃厚でクリーミーなキャラメルの香り。リフレッシュできる快適な空間を演出。秋にぴったり。

  2. Peppermint Latte「ペパーミント ラテ」

    ほっとする紅茶の香り。 クール感のあるペパーミントと、きめ細かい泡のバニラクリームをイメージしています。

  3. Cotton Candy 「コットンキャンディー」

    綿菓子をかじった時のふわっとして、暖かい甘い香り。子供のころを思い起こす、懐かしい香りです。

  4. Vanilla Delicious 「バニラデリシャス」

    マダガスカル産のバーボン・バニラは、その香りの良さで、バニラの中でも、最も人気があるバニラ。 リッチでコクのあるクリーミーな香りに、甘さとバターの香りがマッチング。 思わず食べてしまいたくなる香りです!

  5. Iced Pina Colada「アイスドピニャコラーダ」

    ジューシーパイナップルと、クリーミーココナッツのコンビネーションの香り。スウィートピーチ、パパイヤ、パッションフルーツピューレの香りを加え、モダンに仕上げました。

  6. Christmas Tree 「クリスマスツリー」

    シナモンアップルをアクセントとした、 クリスマスを思い起こさせる白マツと白樺の香りです。

ページ上部へ戻る