Arouse 「アロウズ」

ローズとサンダルウッドオイルが配合されたセクシーでロマンティックな香り。スパイシーノートのカルダモンとサフランを加え、り魅惑的にしています。(Rose oil, Sandalwood oil, Cardamom oil 配合) 

ブランドセント・フレグランスエピソード

カルダモンについて

紀元前2世紀ごろにはすでにインドからヨーロッパに輸出されていた、最も古いスパイスのひとつ。ユーカリ油、樟脳、そしてレモン油の香りが入り混じったような樹脂系のさわやかで上品な香りがあり、「スパイスの女王(the queen of spices)」と呼ばれることがある。「高貴な香り」と形容されることも多い。 現在市場に流通しているカルダモンにはマイソール、マラバール、セイロンの3タイプがある。

カルダモン・エピソード

種子の乾燥品は香辛料として用いられ、カレー料理にはかかせないスパイスのひとつとされる。その他に肉料理の匂い消しやパン、ケーキの風味付けに用いられる。チャイの香りづけにも、クローブ、ジンジャー、シナモンとともにかかせないスパイスである。また、中近東ではコーヒーにカルダモンの精油や種子の粉末を加えたカルダモンコーヒーが好まれている。 種子は生薬「小豆蒄」として日本薬局方に収録されており、芳香健胃作用(インドでは体力増進のためにカレーのスパイスとして用いられる)がある。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

  1. Cherry Blossom 「チェリーブロッサム」

    爽やかで、活き活きとした桜の花をイメージした香り。 ピーチ、アップル、アプリコットのトーンで、エキゾチックで活き活きとした桜の花の香りにしています。

  2. African Amber「アフリカンアンバー」

    ウッディーアンバーの香り。爽やかなベルガモットとマンダリンに、サンダルウッド、ローズ、バニラ、ムスクを加えボリュームを出し、魅惑的で高級感のある香りです。

  3. Leather Smooth 「レザースムース」

    スペインやイタリアの革製品は、ヨーロッパの中でも最高級とされ、洋服や装飾品やアクセサリーに重用されます。インド産ミモザの天然香料を加えることにより、より、革のしなやかなデリケートな風合いが強調されます。

  4. Soothing Vanilla 「スージング バニラ」

    高級感のあるスウィートなバニラの香り。 アイスクリーム・ショートケーキ・スイーツ類を販売する店舗など、ファンシーなコンセプトにぴったりの香りです。

ページ上部へ戻る